初取材同行、どきどき


こんにちは、初めまして。

先週からオフィスメイキッシュでインターンをさせていただいております、現在鹿児島大学3年生のなっちゃんといいます!

これから、インターンを通して感じたことや、気づいたこと、決意などを徒然なるままに書いていこうと思います。

よろしくお願いします^^

 

 

早速ですが、今週の水曜日、取材に同行させていただきました。

初取材同行で、2社も伺わせていただけるという。どきどき。

 

1社目は株式会社パルコーポレーション。ホテルやウェディング会場へスタッフを派遣する会社です。

上塘代表はお話を聞いていて、気さくな方で、とても社員やバイト生を大事にしているなあという感じました。会社では話しにくいからと社長の家にお邪魔して、個人的な悩みを相談するバイト生もいるらしく、社員やバイト生合わせて200人近くいる会社の代表なのに、ここまでバイト生と近い会社ってなかなかないのではないだろうかと思いました。OB・OGからも時々連絡が来るらしく、「みんなの酒の肴ですから」とおっしゃっていました。すてき。

正直、あまりこの業界に興味はなかったのですが、代表の話を伺った後、興奮が止まりませんでした。厳しくされている部分もきっとあるだろうけれど、相談できる上司がいて、かつ自分の力を発揮できる場所がある会社。

こんな素敵な会社で働けるってうらやましい…。私も将来こんな会社で働きたい…。

…うらやましい。

 

 

2社目は鹿児島市内で学習塾をしている有限会社APEX。

もともとうちの会社と仲のよい会社らしく、このHP、ギョビケの記事を作る際のすり合わせ的な感じで取材に伺ったらしいので、正直話がよくわかりませんでした…。

しかし、話が見えないながらもとりあえず「堀切前代表はすごい人らしい」ということだけは飲み込めました。「堀切前代表のファンクラブがある」とか、「この先、5,6社くらい会社作っちゃいそうな勢い」とか。話を聞いていくうちにどんどん何者かわからなくなってきました。なのでぜひお会いしてみたいです。

 

 

 

今後、自分でアポ取りから取材をしていく予定なのですが、今回の取材同行させていただいて、うまく質問できるか不安になって来ました。

話を聞きつつ、質問を考えつつ、自分の話しもするって一体どんな思考回路してるの?どんな状況?

「話を聞きながら、考える」という同時進行が苦手な私には話を理解して自分の中に落とし込むだけで精一杯な気がします。

 

しかーし、実は苦手克服をしたいために、この「話を聞きながら、考える」力を養うことをインターン終了までの目的の一つとしています。なので、取材をしながらびしばし思考を鍛われていこうと思います。終わるころには思考回路がびゅんびゅん周っているかも。

できる思考回路めざして、がんばるぞ~!